--------妥協をゆるさないこだわりのショックアブソーバーの性能を体験していただきたい---------------
ショックアブソーバー メーカーCRUX
CRUXの製品
ショックアブソーバー新製品情報
CRUXのショックアブソーバー
ショックアブソーバー商品案内
ショックアブソーバー(国産車)
ショックアブソーバー(輸入車)
オーバーホール

CRUXの技術
開発・製作工程
バージョンアップ
開発・製作実績

CRUX概要
概要

CRUX製品のお問い合わせ
良くある質問
ショックアブソーバーについて
その他の商品について
販売店募集について
中古で、入手されたお客様

株式会社ギルド


イメージ画像

最近、中古で、ダンパーを入手されるユーザー様も多くなりました。 
弊社ではCRUXブランドであるオリジナルダンパーの他にOEM製品(相手先ブランド製品)や、ショップさんのオリジナルモデルも数多く製作しております。
いづれのブランドであっても、オーバーホールされる事で、新品時の性能を100%復元する事は、勿論可能ですのでご安心下さい。


中古でダンパーを入手されたお客様
サンプル画像 弊社では、CRUXブランドであるオリジナルダンパーの他に、
OEM製品(相手先ブランド製品)や、ショップさんの
オリジナルモデル
(ショップさんが、得意とする車種において
独自のセッティングノウハウを基に製作依頼された製品)等、
今日までに数多くのダンパーを製作し、数多くのお客様にご愛顧頂いております。

OEM製品の一部ですが、画像を参照下さい。

最近、中古でダンパーを入手されるお客様も多くなりましたが、まず、お客様にお伝えしたい事は、OEM製品であれ、CRUX
オリジナルモデルであれ、全て、個々にダンパーの減衰力も
ダンパーの長さも当然異なります。

勿論、OEM製品(相手先ブランド製品)であれ、ショップさんオリジナルモデル(ショップさんが、得意とする車種において独自に製作依頼された製品)であれ、弊社が、製作したダンパーですので、どのダンパーであれ、オーバーホールも、仕様変更
も可能です。

又、弊社では、走行状態や仕様状況にもよりますが、オイル漏れや走行時の車の挙動の変化等を除き、通常新品購入時より約20,000kmを目安にオーバーホールを推奨しています。

オーバーホールしない状態で、使用し続けていると、シェルケースの内磨耗や、ブッシュの交換等、オーバーホール費用の他に部品交換等の費用が発生する場合があります。


注意して頂きたい点
上記で、ご説明した様に、CRUXでは、数多くのモデルを製作しております。弊社で、製作されたダンパーは、オーバーホールも仕様変更も可能です。但し、減衰力もダンパー長もモデルによって全て異なります。中古で、入手された場合、まず、お客様のお持ちのダンパーが、どのようなモデルなのか?つまり、ご自身のステージにおいて、見合っているのか否か?って事が重要です。
自分のステージに見合わないダンパーをそのまま使用すれば、当然ながら満足得る結果は得れません。オーバーホールする事で、新品時の減衰力が復元されるだけです。例えば、車高が極端に低かったり、高かったり、いくら、スプリングレートを変更しても、収まりが悪かったり、突上げ感があったり・・・・結果性能を堪能して頂くどころか、ご満足して頂ける筈がありません。

弊社では、オーバーホールと申しますのは、ダンパーオイルの劣化や、Oリング・各種シール類などのショックアブソーバー内部の消耗パーツを新品交換する事で、新品時の性能を100%復元させる事ができるのです。但し、この作業では、減衰力の要となるシム類の清掃は、しますが、シム組み換えの作業は致しません。 新品時に製作した減衰力に復元されると言う事です。

もし、自分の走行ステージに見合わないダンパーを入手した場合は、オーバーホール時に減衰力変更をしなければ、ご満足頂ける状態でご使用できない事と思います。
自分の入手したダンパーが、どの様な仕様であるかは、シリアルナンバーから、確認が出来ます。もしくは、OEM製品等で、シリアルナンバーが、明記されていない場合は、オーバーホール時に、現在の仕様を確認して下さい。と声をかけて下さい。

最もご注意頂きたいのが、右の画像の様にオーバーホール時期を越えて、使用し続けているとシェルケースの内磨耗により、ケース交換をしなければ、新品時の減衰力が、復元できません。この様な状態になってしまった場合、オーバーホール基本工賃の他に、部品代金としてケース交換代金が、別途必要となってきます。シェルケースの磨耗の確認の仕方については、
こちらをご参照下さい。

中古で、入手された場合、前オーナーが、どの位の距離を走行されているかは定かではありません。オーバーホール時期を目前に減衰力の劣化も当然あるでしょうし、使用状況下次第では、完全にダンパーの減衰力が発生していない場合もあるでしょう。中古で入手したお客様が、オーバーホールして、気持ちよく使用したいと思っていたのに、基本工賃の他に部品交換や、若しくは減衰力変更を余儀なくされ、思わぬ出費が、嵩む場合もある事を念頭において、中古品を入手されて下さい。

勿論、この様な状態のダンパーでも、CRUXダンパーは、使い捨てでは、ありませんので、オーバーホールや仕様変更する事で、新品同様ご満足頂けるのでご安心下さい。


サンプル画像

ご満足頂ける状態でご使用頂くには・・・
サンプル画像 前述しました様に、弊社では、数多くのモデルを製作していますので、CRUXの既製品ダンパーにおいては、全てシリアルナンバーが、表記されてあります。このシリアルナンバーは、ダンパーに固有する番号ですので、このシリアルナンバーをお知らせ下されば、中古で入手されたダンパーが、どの様なモデルであるのか詳細については、お答えさせて頂きます。(ストリートモデルかレースモデルかN1モデルなのか)
しかし、既製品モデル以外 OEM製品やショップさんのオリジナルモデルについては、お客様データーとなるので、詳細については、お答えできません。既製品モデル以外のダンパーの仕様を確認したい場合は、減衰測定する事で確認する事はできます。測定料金は有償となりますが、セッティング変更される場合は、無償となります。

オーバーホールの際に減衰確認した上で、お客様のステージに見合うダンパーの減衰力若しくは、ダンパーの長さなどのアドバイスも致しますので、必要であれば、オーバーホールの際にご自身のステージに見合う様、セッティング変更や、ダンパーの長さの変更等されても良いかと思います。

又、既製品モデル以外 OEM製品やショップさんのオリジナルモデルであれ、オーバーホールや仕様変更されたダンパーは、あらたにシリアルナンバーが、表記されますので、シリアルナンバーが判れば今お持ちのダンパーの仕様など確認できます。
中古で入手した場合は、事前にダンパーの仕様や、状況を把握しておく為にも、オーバーホールしてからご使用される事をお勧めします。

COPYRIGHT(C)2007 GUILD INC. ALL RIGHTS RESERVED.